晴れのち晴れ

Be yourself! 自分らしく生きる40代ワーママおさやの奮闘記

【保育士と親の珍バトル!】1歳児に牛乳は必要か?

さやです。

 

さて、

在宅ワークとはいえ、朝の8時から午後5時まで

みっちり働くワーママさっち。

 

先日、

ちょっとした事件が保育園で起きました!

 

そんなことでそこまで熱くならなくてもいいんじゃない?

という内容ですが、保育士と親の子育てなど

に関する意識とか考え方の違いを語りたいと

思います!

結論・・・1歳児は牛乳が飲めなくてもOK!

f:id:Sunnyone:20190710204052p:plain

牛乳飲まなくても大丈夫!

3歳から保育園に通い始めた長男君は、

保育園に入るまで牛乳を飲んだことが一度も

ありませんでした。

 

なぜなら、私自身が牛乳を飲むと

下痢をしたり、お腹が痛くなるので、

冷蔵庫に常備されていないのが普通でした。

 

その代わり、ヨーグルトやチーズ、アイスクリーム

などの乳製品は食べていましたが。。。

 

牛乳を飲ませなかった大きな理由は別にあります。

それは、

「月齢の低いうちから牛乳を飲むとアレルギー体質に

なりやすい、らしい」

という情報があったからです。

 

実際、3歳になってから牛乳を飲み始めた長男君は、

幸いなことに食べ物アレルギー等が全くありません。

 

もちろん、将来的に何かアレルギーを発症する

可能性はありますが。

 

実は、この1ヶ月間、次男君が1歳になってから、

次男君のお世話をメインで担当している先生から

「牛乳はいつから飲み始めますか?」

と毎週のように質問されていました。

 

質問される度に、上記理由を伝えていたのですが、

どうやらきちんと伝わっていなかったようで、

つい先週の金曜日にやっと理解してもらえました。

 

と、ここまでは事件っぽい事件に聞こえませんよね?

 

事件はここからなんです、はい。

 

次男君は6月に満一歳の誕生日を迎えました。

離乳食は生後10ヶ月くらいですでに完了。

1歳になる手前で卒乳。

 

かなりのスピードで成長しているのは

親である私もわかってはいたのですが、

先生から、

 

「食事とおやつのバランスがアンバランスですね!」

(現在、次男君のおやつは赤ちゃん用の

お菓子を準備してもらっています)

 

と一言もらい、私の中でモヤモヤしていたものが、

次の瞬間で爆発!

 

「こちらの保育園は小さいから対応できますが

私がこれまで勤務していた保育園は規模が3倍くらい大きいので、

このようなことは普通できませんよ!

(次男君だけ赤ちゃん用のおやつを準備できる=特別扱い?!)」

 

は?

 

どういうことですか?

 

私「私が面倒をおかけしている、ということですよね?」

「そういう言い方ってないんじゃないですか?(←やや怒り口調)」

 

先生「そういう風に取られると困ります」

 

ん?

 

1歳児はうちの次男君だけ。

同じクラスに2−3歳児が4人。

保育園全体の人数が21人。

 

ええ、他の保育園に比べたら小さいですよ。

とっても小さいですよ!

 

でもね、赤ちゃん用のお菓子を準備します!

って言ったの、そちらですよ。

私たちはこちらで準備できるとオファーしたのに。

 

食事はほぼ他の園児と同じものを食べるが、

おやつだけは赤ちゃん用おやつ。

 

「これ、変ですよね〜???」

「変だと思いませんか?」

 

もう一度、言います。

 

は?

あなた、何を言ってるの?

先生だからって何でもかんでも言っていいのか?

 

呆れてものが言えません。

 

このやりとりを見た別の先生が間に入ってくれた

から何とか丸く収まったものの、その先生は、

無理に赤ちゃん用のおやつを止める必要はないとのこと。

 

あと、牛乳も別に飲む必要はないって。

 

うーん、先生方、意見は統一していただけますか?

 

物事には側面があることを忘れない

f:id:Sunnyone:20190710205732p:plain

みんながみんな同じ考えなんて持っていない!

先生が言いたかったことは、

おそらく・・・

  • クラスの他の園児たちのお菓子をうちの次男が欲しがっている
  • 赤ちゃん用のお菓子は柔らかいため、歯が8本生えている次男君には物足りない
  • 普通のお菓子でもいいんじゃない?

ということでしょうかね。

 

私は人間が出来ていないので、

すっかりこの先生が「面倒くさいな〜」と

思っていると考えてしまい、言葉に出して

しまったわけですが。。。

 

この状況から学んだこと!

 

人に何かを伝えようとするとき、

自分の思いが必ずしも相手にきちんと伝わる!

とは限らない。

 

ということ。

 

私は声を大きくして言いたい!

「あなたは先生であり、親でもある。

自分の子供が先生から同じことを言われたら、

あなたはどう思うのだろうか?」

 

きっと、私と同じようにモヤモヤすると思う。

 

だからこそ、

誰かに何かを伝える時、

特に何かお願い事をする際などは、

言葉を選んだり、声のトーンや顔の表情にも

気をつけなくてはならないのです。

 

私よりも人生経験が長い先生なのですから、

その辺りは私よりも知識があると思うのですが、

人生の荒波に何度も揉まれた私は、

今だからこそ相手を思いながら発言ができるように

なった、と自分の過去に感謝しています。

 

翌日、別の主任と園長先生から、

 

あの先生の「個人的な意見」であり、

園としてのリクエストではなかった・・・

保育士の言うことは絶対ではない!

親の思いが最優先!牛乳はいつでも大丈夫。

おやつも徐々に普通のおやつに移行していけばOK!

申し訳ありません!!

 

と謝罪がありました。

そもそも、園長先生や他の先生方とうちの次男君の

おやつや牛乳に関する話し合い等はなかったため、

このようなやりとりがあったこと自体知らなかった、

驚いている、とのことでした。

 

ちなみに、当事者からの謝罪はありませんが、

これからもないでしょう、きっと。

 

保育園には感謝しても感謝しきれない思いがある

f:id:Sunnyone:20190710211055p:plain

いつもサポートありがとう!


人間は動物とは違い、色々なことを

考える能力があります。

 

保育士も人間。

私も人間。

 

生まれも育った環境も全く異なる

人間が同じように物事を捉えることは

ゼロに等しいこと。

 

だから、なおさら相手に嫌な気持ちをさせたり、

誤解を生むような話し方は絶対にしてはいけないのです。

 

とはいえ、これは非常に難しいことですよね。

 

私も死ぬまでにきちんとできるかどうか、

自信がありませんが、日々気をつけながら

主人や子供達、私たちの周りの方々と話を

するようにしています。

 

保育園のサポートがあるからこそ、

私は平日フルタイムで働けるし、

新事業も任されるようになり、仕事にも

やりがいを感じることができています。

 

保育園の先生方、ありがとう!!!

 

子供達の身の安全いつも考えてくれて、

ありがとう!

美味しい給食もありがとう!

楽しい時間を過ごせるように毎日

いろいろな工夫をしてくれてありがとう!

 

本当にありがとう!!!

 

感謝の気持ちしかありません。

 

「仕事に専念させてくれてありがとう」

って今度言いたいと思います!

 

「仕事なんで」って言われそうですが。笑

 

たまには本気でぶつかるのもあり

f:id:Sunnyone:20190710211744p:plain

保育園と信頼関係を築くのも大切

子供たちが毎日楽しく登園できる、

そんな保育園と親である私の関係。

 

今だから言えますが、たまには自分たちの

思いや考えを直接言うのもいいですね!

 

保育園の教育方針や先生方の対応に不満を少しでも

抱えているなら、話しやすい先生に思い切って

相談する勇気を持つことも大切です。

 

そこから信頼関係を築くことができるのですから。

 

現在、共働きスタイルの家族は多いですよね。

 

ただ、何となく子供を預けるだけではなく、

その園と先生方と一歩踏み込んだ関係を持つことで、

子供たちの成長や困っていることなど、なんでも

相談できる関係ができると思います。

 

モヤモヤすることを言われたら嫌、という気持ちも

すごく分かりますが、ここは一線を引いてみませんか?

 

「子供たちが楽しく元気に過ごすために!」と

考えれば、気持ち的に楽になるし、ポジティブにもなれます!

 

別に先生のことを好きになれ、ということではありません

ので、先生たちとの距離感は適当に保つのも忘れないで

くださいね。

 

明日も元気に子供たちを送迎できるよう、

保育園・保育士との信頼関係を構築していきましょう!

 

ママ、お仕事頑張っているね!

いつもありがとう!

 

う〜、長男くん!!!

4歳になったらグンと成長したね🤩

こちらこそ、保育園で頑張ってくれてありがとう!

 

ママは心配りがきちんとできるあなたが大好きです!

 

今夜もぎゅっとハグしながら寝ようっと💚

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

またお会いしましょう!

 

Cheers!