晴れのち晴れ

Be yourself! 自分らしく生きる40代ワーママおさやの奮闘記

【外出自粛】夫婦の「言った言わない問題」の原因は脳の違いだった!

さやです。

 

外出自粛により、家族で過ごす時間だけではなく、夫婦の時間も増えています。

とても嬉しいことではありますが、いろいろ考えさせられる今日この頃です。

 

さて、

 

「言った・言わない」の議論はよく耳にしますが、夫婦間で話が噛み合わないなぁ、と感じることはありませんか?

 

私はかなり頻繁にあります!笑

 

ここだけの話、昨日だけでも3回はありました。

 

ついつい相手が悪い!間違っている!と考えてしまう自分がいることにイライラ。

 

実はこれ、決めつけや思い込みが原因だそうです!

知らなかった・・・

 

大切なことは、

 

決めつけや思い込みがない状態で、

現実を受け入れて「今できることは何か?」

前向きに考え、実行に移すこと

 

だそうです。

 

最初は難しいな〜、と感じるかもしれませんが、ちょっとしたコツが見つかったのでシェアさせていただきますね。

 

私と一緒に頑張りましょ〜!

 

この記事を読んで、夫婦の絆がもっと深まりますように💖

 

www.happysunnyday.info

 

記憶は絶対ではない!

f:id:Sunnyone:20200508132422p:plain

言った!言わない!

やった!やってない!

 

夫婦の間で喧嘩になりませんか?

 

小さなことはそれほど気にしませんが、大切なことになるとお互いヒートアップ!

 

それでもやっぱり小さなことで今日もブツブツ。

 

来週から主人も在宅ワークがスタートします!

理由は、仕事場から「岩国市内にある学校(保育園含む)に子供を通わせるなら、仕事場に2週間来ちゃダメ!」というお達しがあったからです。

 

子供たちが自宅待機する場合、私の仕事だけではなく、おじいちゃんやおばあちゃんの日常生活にも影響が出ます。

 

私たちに残された選択肢はひとつしかありません。

 

子供たちには利用自粛制限が継続されている保育園でたくさん遊んで、いろいろなことを学んでいただき、主人には在宅ワークで仕事を頑張ってもらいます!

 

話を戻しますね。

昨日の出来事です。

 

主人:「保育園に子供たちは今日休む」と伝えたよ!

 

私:え?それだけ?利用自粛はどうなった?

 

主人:「???」

 

私:小学校も再開したから利用自粛の延長について聞くって言ってたじゃん。。。

 

主人:「そうだっけ?」

  

保育園に利用自粛の件を確認すると言ったのは主人ですが、もうすっかり忘れていたみたいです。

 

「自分だって言ったことと実際にやっていることが違う時だってあるよね???」

 

なぜか矛先は私に来たので、完全に否定することはできませんが、そんなことは今はどうでもいい!!

 

今は、

「このような状況を今後再発させないための予防策」

を考えるのが先決だと私は考えました。

 

記憶って曖昧ですね。

  

私たちは、自分の記憶が正しいと思いがち。
でも、見間違いや聞き間違いといったことはあるし、起こった出来事を正確に引き出せるわけでもないのです。

 

 

www.happysunnyday.info

 

記憶=証拠ではない

f:id:Sunnyone:20190723113423p:plain

絶対的な記憶が欲しい

記憶は本人にしかわからないものです。

 

その記憶を取り出して相手に見せたり、シェアすることはできません。

 

だからどんなに主張しても相手は否定できるのです!

 

そんな中でも「自分の記憶は正しい!」と主張したくなるのには別の理由があるのです。

 

ビジネスや仕事では「記録」を残す

ビジネスや仕事で「言った、言わない」のトラブルは非常に厄介ですね。

 

このトラブルの予防策として、契約書や議事録、メールなどで記憶ではなく「記録」を

残すように色々な対策がされています。

 

でも、夫婦間でわざわざメモに残すことなんてしませんよね。

 

ここで、私は考えました!

 

ビジネスや仕事において大きな損失リスクがあるから記録を残すのは、夫婦間のやりとりでも同じことが言えるのではないか?

 

夫婦間で「言った・言わない」の水掛け論は本当に時間の無駄だし余計なストレス。

 

これが積もり積もったら離婚の原因の一つになりかねません。

 

なら、夫婦間でもメモやメール、カレンダーなどに記録を残したらいいのかも?

 

「言ってない」を言わせない!

 

「言ってない」作戦はもう古いよ。

 

なので、

 

うちは重要な件は全てメールでシェアしています!

ただ、読んでいない時もあるようなので、今はLINEで共有。

既読マークで判断できるのはいいですね。

 

「テープ回してないよね?」

 

場を和ませるために誰かが言った言葉、そのままそっくり主人に言ってみようかな?笑

 

いや、むしろテープ回しておいた方がよいケースもあるかも!!!

 

www.happysunnyday.info

 

 

「言った、言わない」の原因とは

f:id:Sunnyone:20200508132548p:plain

「言った、言わない」の問題を予防するために、自分に何ができるのか?と予防策ばかりを気にしていても根本的な問題は解決されません。

 

なぜなら、

根本的な問題は、「なんで私の話をちゃんと聞いていないんだ!」という怒りや悲しみと言った感情的なものだからです。

 

よって、解決すべきものは、感情的反応を含む「ストレス」なのです。 

「相手は私の話を聞かなくてはいけない」は間違い

なぜストレスを感じるのか?

 

主人が自分の話を聞いていなかったから?

 

いえ、違います。

 

「主人は私の話をちゃんと聞かなくてはいけない」と信じているのが問題なのです。

 

夫が「そんな話は聞いていないよ」と言った現実を受け入れずに、自分の考えを信じているとストレスになる。

 

自分の考えを信じ続けるとどうなるか?

 

  • 夫と口論
  • 夫にがっかり!距離をおく
  • 怒りで夫をコントロール!

 

いずれにせよ「マイナス・ネガティブ」なストレスという結果しか生まれません。

 

現実は変えられないのです。

 

勝ち負けは関係ない

現実を受け入れ、主人の言い分も受け入れる。

 

でも、これをしたら負けになるのでは?

 

と感じる方もいるでしょう。

 

「主人は私の話をちゃんと聞かなくてはいけない」という考えを信じていたら、確かに負けとなります。

 

彼が話を聞かない、という現実は変えられないから。

 

ですが、現実を受け入れるとは「諦める・意欲をなくす」とは異なります。

 

  1. 現実に抵抗する
  2. 「彼は話を聞かない、ではどうしたらいいのか?」
    と現実を受け止めてそこから次に進む

 

あなたならどちらを選びますか?

 

言った言わない問題解決方法「自分の考えに向き合う!」

f:id:Sunnyone:20190723124355p:plain

ストレスフリーな生活を

人間ですから誰でも感情的になるときはあります。

 

男性は、自主性独立性などを大事にします。

 

これらを拒否・攻撃されると彼らは全力で戦います。

 

その一方、女性は、協調性・平和などを大切にします。

 

言った・言わないの口論が始まるのは、感情的ストレスを含む「ストレス」が原因なのが分かりましたね!

 

頭をクリアにして「現実と向き合う」ことで解決することができますが、具体的に何をすればいいのか?

 

答えは簡単です!

 

  1. 自分を苦しめている考えと向き合うこと
  2. 自分をそのような考えから解放させること

 

この2つのポイントです。

 

私の場合は、

 

「主人は私の話をちゃんと聞かなくてはいけない」

 

が私を苦しめている考えですので、この考えから何とかして脱出しなくてはなりません。

 

ちょっと時間がかかるかもしれませんが、自分と向き合う時間を作ってこの呪縛から

自分を解放させてみます!

そんな話聞いていないけれど・・・と言う人

f:id:Sunnyone:20200508132931p:plain

私のように、

「私ちゃんと言ったよね!なんで聞いてないの?」

という考えを信じていると、自分のことにしか目を向けることができません。

 

でも、その考えから解放されると、相手のことにも目を向けることができるようになります。

 

人間は、他のことに注意や心がとらわれていると、相手の話が入ってこないことが多々あります。

 

例えば、

  • 重要なミーティングや仕事が控えている
  • テレビやニュースに夢中している

このような時、相手はあなたとの話に集中することができず、話が耳に入ってこないのです。

 

あなたが伝えようとする言葉は、たとえ同じ言葉でも人によって受け方が異なること、そして、理解の仕方が異なることを覚えておくとよいでしょう。

 

だから、相手に伝えたとしても、実際のところ、相手はきちんと理解できていない場合もありえるのです。

 

自分にとって都合の悪いことや触れて欲しくない内容の場合、知らぬ間に自分を守るため「話を聞くこと」自体を拒否することもあります。

言ってないことを「言った」と言ってしまう人 

これ、完全に自分のことです。

 

もしかしたら・・・

 

他の人が言ったことを勘違い、思い違いしているかもしれない。

 

そうであれば、「言った」と言う言葉は正しいけれど、私に向けて発された言葉ではなかったのかもしれない。

 

もしかしたら・・・

 

違う言葉を言っていたのかもしれない。

 

そうであれば、「言った」と言う言葉は正しいけれど、私は単に気づいていなかったのかもしれない。

 

もしかしたら・・・

 

「頭の中」で言ったつもりになっているのかもしれない。

 

そうであれば「言った」と言う言葉は正しいけれど、感情的になる必要がないのかもしれない。

 

人間として、引き続きいろいろ勉強しながら、もっと努力します👍

 

www.happysunnyday.info

 

自分の時間を持つことで夫婦の絆が深まる!

f:id:Sunnyone:20200508133117p:plain

 

夫婦間の話が噛み合わなくて困っている!

 

このような悩みをお持ちの方は、ぜひ自分を束縛している「考え」が何か、じっくりと見つめ直す時間を作ってみてくださいね。

 

何かのご縁で一緒になれたのですから、お互いの短所を長所に変えるためにも、前向きに考えてみるのがベストですね!

 

生まれたところや育った環境が完全に異なる人間が一つ屋根の下にいるわけですから、

話が噛み合わないこともあるでしょう。

 

そんな時は思い切って、

 

男と女の脳の違いが原因だ!

 

と開き直ってみるのもいいですよ^^

 

泣いても笑っても、来週の月曜日から子供たちは保育園へ行き、主人は人生初の在宅ワークがスタートします。

 

自分の短所を見直すキッカケを作ってくれた主人に感謝します!

 

言った・言わない事件がもう起きませんように・・・

 

そして、

 

明日も笑顔でいられますように❤️

 

Cheers!

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ いきいき主婦へ
にほんブログ村