晴れのち晴れ

Be yourself! 自分らしく生きる40代ワーママおさやの奮闘記

【海外ビジネス】海外メーカーとビジネスをする際に注意すべき3つのポイント

さやです。

 

予定は未定・・・

人生、想定外のことがいろいろと起こるときがありますね😓

 

突然ですが、今朝、アメリカのメーカーさんとSkypeで小一時間ミーティングをしました!

 

今回のハプニングから学んだことをシェアさせていただきます。

 

これから紹介する「海外ビジネスを行う上で気をつけたい3つのポイント」をしっかりと把握しておけば、スムーズに海外ビジネスを進めることができます💖

 

海外ビジネスは自分を成長させる大きなチャンス!

ニューヨーク, 市, 都市, マンハッタン, 建物, アーキテクチャ


 

先週の土曜日に海外ビジネス担当者と最後にメールで確認した内容はこちら。

 

He is located in Eastern Time zone. Will be be available to call on Monday at 9pm Eastern Time? 

 

「アメリカ合衆国の東部時間、月曜日の21時に電話できるけれど、大丈夫?」

とあったので、火曜日の8時に電話がくると思いOKメッセージを送りました。

 

I have confirmed and Vince is available to have a Skype call on Monday (October 14) at 7pm Eastern time (7am Hong Kong time)

 

ここでもう一度「10月14日19時(東部時間)=10月15日8時(日本時間)7時(香港時間)であることを再度伝えたのですが、相手に伝わっていなかったようです。。。

反省😭

 

I have passed on the information and document to Vince. He will add you on Skype to have the call on Monday.

Thank you and have a good weekend,

 

今朝も通常通りの仕事をしていた私。

 

そして、社長は海外展示会のため香港出張中で不在・・・

 

そこに突然Skypeコールが家中に鳴り響いたのです📞

 

「!!!!!!」

電話が鳴った時は本当に心臓が止まるかと思いました💦

慌てて社長に連絡したのは言うまでもありません。

 

このようなハプニングが起きることもありますが、海外ビジネスは私自身を成長させてくれる大きなチャンスであると私は信じています。

 

今後は、ミーティングの時間も厳しくチェックしていきます!

 

それでは、海外メーカーや企業とビジネスをする際に注意してほしい3つのポイントを紹介します!

 

海外ビジネスで注意すべき3つのポイント 

f:id:Sunnyone:20191014162147p:plain

海外ビジネスは楽しい!

海外ビジネスをスムーズに進めるためのポイントをみていきましょう!

思い込みはNG!

f:id:Sunnyone:20191014162317p:plain

お互いが理解するまで確認!

まず、交渉担当者とあなたが「同じ理解をしているか」を確認しましょう!

 

特にSkype等で電話ミーティングをする場合は、

 

  • 相手がどこの国のどのタイムゾーンにいるのか?
  • 日本と相手国の時差を確認し相手に伝える

 

これを徹底してください。

海外メーカーとのビジネスで時差は時に大きな問題となるケースもあります!

 

時差以外でも、少しでも不安材料が残っているなら、それが解消するまで相手に確認、確認、確認・・・を繰り返します。

 

もちろん、相手に威圧のない表現で!

 

「私はこのように理解しているけれど、間違っていたら訂正してね」

「あなたはOOと言っているのかな?ちょっと確認してもらっていい?」

 

などで相手に不快な思いをさせない工夫も必要です。

 

そして、最後に「Looks like we are on the same page. Great!」(お互いがちゃんと理解しているね!よかった!)という感じで文章をしめるとよいでしょう。

 

事前に質問内容をもらう!

f:id:Sunnyone:20191014162433p:plain

事前に質問に対する回答を準備しよう

次に必要なことは、ズバリ「ミーティングの前に質問をもらっておく」ということ。

 

これは、電話ミーティングを円滑に進めるために最も必要なことですが、それ以上のメリットがあります!

 

それは、こちら側がこれから聞かれる予定の質問に対して、しっかりとした回答を事前に準備できる時間を確保することができる、ということ。

 

「相手がこうきたら、こう切り返しができる」

 

いかなるシチュエーションでも柔軟に対応することができます!

 

これはビジネス交渉を締結するために非常に有利です。

 

相手の質問に対する準備ができていなかったら・・・

 

  1. 相手の信頼を失う
  2. ビジネス交渉決裂

 

などネガティブな要素を相手に残してしまうだけです。

 

これでは、今後のビジネスにつながりませんよね。

 

「相手があなたに聞きたい質問」を電話ミーティングの前にもらっておきましょう!
 

正直に話す!

f:id:Sunnyone:20191014162534p:plain

背伸びはしない!

最後に、海外メーカーと交渉する際、

 

「あなたはOOビジネスでどれくらいの実績があるの?」

「実績を証明するデータを送ってちょうだい!」

 

と必ず聞かれます。

 

この時、あなたはもしかしたら「今のビジネス交渉を締結させたい!」という気持ちだけが先行してしまい、本当のことを伝えずに、「相手が聞きたいこと」を言ってはいませんか?

 

嘘はいずれバレます。

 

なので、今あなたが持っている実績を相手に正直に伝えましょう。

 

「OOはやったことがあまりないけれど、OOの知識等があるから実行可能」

「OOはあなたの方が実績・知識があると思う。それらを日本で実践したいから私にアドバイスしてほしい」

 

このように伝えれば相手もYESと言ってくれるはず。

 

やれないこと、やったことがないことに対して背伸びはせずに、現状をそのまま言う勇気を持つことも大切です。

 

海外ビジネスで人生を豊かにしよう!

f:id:Sunnyone:20191014163945p:plain

英語ができる人は英語で何がしたいか考えよう!

 

私たち以外にも数社アプローチしていることが判明しました。

彼らともミーティングをした上でどの会社と契約するか、2週間以内に決定するそうです。

 

追加のデータを送りながら、定期的に海外ビジネス担当者と連絡を取っていく予定です。

 

私には相手にYESと言わせる特殊なスキルを持っています。

これは、今までの人生経験と私の性格がコラボしたもので、他の人には真似ができないこと。

 

上記で挙げた3つのポイントは海外ビジネスの基本中の基本です。

 

「海外ビジネスに興味がある」

「英語を活かした仕事をしたい」

「海外ビジネスでグローバルに活躍したい」

 

英語ができるだけでは通用しない時代がきました。

 

英語+中国語など、英語+交渉スキルなどがあれば、雇い主は喜んであなたを雇うでしょう!

 

人生100年時代。

 

自分の好きを仕事に変えて、さらに豊かな人生を送りましょう!

 

明日もキラキラな1日となりますように✨

 

Cheers!